AIを用いた契約書管理サービス「LinkSquares」が480万ドルを調達

Image Credit: LinkSquares
AIを用いた契約書管理サービス「LinkSquares」が480万ドルを調達。契約書を安全なクラウド上に保管、売上金額や契約期間などの重要用語を自動抽出する機能が実装されている。金額や条件などがバラバラな契約書の管理に時間がかかるという課題に着目したサービス。利用企業には大手ファンタジースポーツ企業「DraftKings」が挙げられる。-  LinkSquares Scoops Up $4.8M

自動運転車向けコンピュータービジョンCPU「Broadmann17」が1,100万ドルを調達

Image Credit: Broadmann17
自動運転車向けコンピュータービジョン「Broadmann17」がシリーズAラウンドで1,100万ドルを調達。コンピュータビジョンAIソフトウェアを備えた小型CPUを開発する。自動運転車の問題の一つにシステムが車体のスペースを大きくとってしまうという課題があり、同社はその課題に対応する。- Brodmann17 nabs $11M for its automotive computer vision tech that runs on any CPU

ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」が1,600万ドルを調達

Image credit: Functionize
ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」がシリーズAラウンドで1,600万ドルを調達。FunctionizeはAWSやBambooなどのクラウドサービスと連携、自然言語処理の技術を用いて開発者がスクリプトを書かずともテスト項目を英語のプレーンテキストで注文できる。API呼び出しや二段階認証、cookieの記録動作確認までを迅速に行い、バグの発見及び修正をサポート。数千ものテストが数分で完了することが特徴で、テスト項目作成から修正にかかる時間を最大90%削減できるという。- Functionize raises $16 million to automate software testing with AI

Appleが家庭用AIセキュリティカメラ「Lighthouse」の特許を取得

Image Credit: Lighthouse
Appleが家庭用AIセキュリティカメラ「Lighthouse」の特許を取得。「Lighthouse」はAIセキュリティカメラを開発しており屋内の様子をリモートで監視できる製品を販売していたが昨年度に事業を停止していた。Appleは同社の技術を使用してFace IDをさらに向上させることを検討しているという。- Apple acquires patents from AI security camera maker Lighthouse

シンガポール発、画像検索エンジン「ViSenze」が2,000万ドルを調達

Image Credit: ViSenze
シンガポール発、画像検索エンジン「ViSenze」がシリーズCラウンドで2,000万ドルを調達。ユーザーは欲しい商品を写真に撮るだけで複数のECサイトから商品検索できる。該当商品の類似品をリコメンドする機能も特徴。すでにユニクロなどの大手ファッションブランドサイトと連携しており、現在800ブランドと提携して合計4億種類の商品を扱っているという。- ViSenze raises $20 million to further develop its AI product comparison tools

画像検索エンジン「Pinterest」が上場申告

画像検索エンジン「Pinterest」が上場申告。ユーザーによってアップロード・共有された様々な画像を手軽に検索できるSNSアプリを提供。AIを利用し画像検索最適化している点が特徴。『ウォールストリート・ジャーナル』によると同社は6月下旬に上場する予定で約120億ドルの評価額が見込まれるという。現在月間2億5,000万ユーザーを獲得しており、昨年度の収益は10億ドルを超える。- Pinterest reportedly files for IPO

イスラエル発、機械学習を用いた医療機関向け血液検査IoT「Sight Diagnostics」が2,780万ドルを調達

Image Credit: Sight Diagnostics
イスラエル発、機械学習を用いた医療機関向け血液検査IoT「Sight Diagnostics」がシリーズCラウンドで2,780万ドルを調達。患者が自分の血液を使い捨てのカートリッジにセットするだけでその場で血液検査ができるIoT「OLO」を開発する。この血液検査は短時間でできるだけでなく、従来よりも少量の血液で検査でき、患者の負担が少ない。すでに287人を対象に臨床試験を実施済みだという。- Biotech AI startup Sight Diagnostics gets $27.8M to speed up blood tests

小売向け製品成分トラッキングサービス「Phylagen」が1,400万ドルを調達

Image Credit: Phylagen
小売向け製品成分(マイクロバイオーム)トラッキングサービス「Phylagen」がシリーズAラウンドで1,400万ドルを調達。小売商品を中心に原料に含まれる成分や微生物の原産地をオンラインで検査 / 追跡できるプラットフォームを提供する。不正な製品の取引が行われていないかサプライチェーンの透明化を図ることが同社のミッションとなっている。- Phylagen Secures $14M to Bring Transparency to Global Supply Chains through Microbiome Analytics

住宅用スマートカメラ「Wyze」 が2,000万ドルを調達

Image Credit: Wyze
住宅用スマートカメラ「Wyze」 がシリーズAラウンドで2,000万ドルを調達。外出時も家の中の様子を見ることができるスマートカメラを19.99ドルから提供する。音声アシスタントAlexaや夜間も使用できる赤外線LEDを内蔵。異常があった時はアプリを通じて通知を受け取ることができる。- Wyze Raises $20M to Support Record Growth