屋根修繕見積もりサービス「Roofr」が400万ドルを調達

Image Credit: Roofr
屋根修繕見積もりサービス「Roofr」がシードラウンドで400万ドルを調達。航空写真または衛星画像を活用して利用者住宅の屋根を査定。26秒ほどで査定見積もりを出し、修繕業者とのマッチングを行う。屋根の査定と見積もりは無料で依頼することができる今回の資金調達にはY Combinatorも参加した。- Roofr Raises $4 Million Having Completed the Y Combinator Program

自動運転トラックを開発する「Ike」が5,200万ドルを調達。

Image Credit: Ike
自動運転トラックを開発する「Ike」がシリーズAラウンドで5,200万ドルを調達。自動運転技術を搭載したトレーラーヘッドの開発に取り組む。車載センサーが排気ガス量及び燃費を計算して最適スピードでの走行を実現させる。- Self-driving startup Ike takes in $52 mln Series A

FacebookがAIを利用したECサービス「Grokstyle」を買収

Image Credit: Grokstyle
FacebookがAIを利用したECサービス「Grokstyle」を買収。同社は大手家具メーカー「IKEA」のアプリに統合されているECを展開。欲しい家具の写真を撮るとオンライン購入が可能、もしくは似ている商品を提案する。 – Facebook acquires visual shopping startup GrokStyle

自動運転車を開発する「Aurora」が5億3000万ドルを調達

Image Credit: Aurora
自動運転車を開発する「Aurora」が25億ドルの評価で5億3000万ドルを調達。今回の資金調達はAmazonも参加、Sequoia Capitalがリードした。Bloombergのデータによると同社に新規投資をしたT. Rowe Price氏はTeslaの2番目の大株主だという。(サービス内容はこちらFreaks.iD記事より)- A Self-Driving Dream Team Gets $530 Million From Sequoia, Amazon

海運業向けナビゲーションシステム「Orca AI」が260万ドルを調達

Image Credit: Orca AI
海運業向けナビゲーションシステム「Orca AI」がシードラウンドで260万ドルを調達。赤外線カメラや低照度カメラで港場・運河の船舶を認識。公海に出ている船舶に感してはAI搭載のナビゲーションおよび船舶追跡システムを活用して位置情報を把握。どんな状況でも長短距離の両方で船舶を簡単に検出する。現在は「Ray Carriers」が所有する船舶で試験運用中。年間数十億ドルの海運産業のリスクを減らすためにデータの収集などに取り組む。- Orca AI procures $2.6 mln seed

AI書き起こしサービス「Verbit」が2,300万ドルを調達

Image Credit: VerbitAI
AI書き起こしサービス「Verbit」がシリーズAラウンドで2,300万ドルを調達。従来比約10倍の速さ、かつ90%の精度で音声の書き起こしや動画字幕作成を行うAIサービスを提供する。現在は法律及び学術分野に特化しており、すでに100超の顧客を獲得している。- Verbit raises $23M for its transcription service

光ファイバー通信を活用したLiDARを開発する「Baraja」が3,200万ドルを調達

Image Credit: Baraja
光ファイバー通信を活用した自動運転車向けLiDARを開発する「Baraja」シリーズAラウンドで3,200万ドルを調達。光ファイバー通信の原理を応用し、従来は高価だったセンシング技術を低価格で提供することを可能にした。ハイウェイの移動速度であっても200メートル先の暗い物体までをも認識することができる。現在シドニー、サンフランシスコ、上海でサービスを展開している。- Baraja Closes $32M Series A Funding Round

果樹園管理AIサービス「SeeTree」が1,150万ドルを調達

Image Credit: SeeTree
果樹園管理AIサービス「SeeTree」がシリーズAラウンド1,150万ドルを調達。ドローンカメラで撮影した航空写真からデータを収集。機会学習/アルゴリズムに基づいた各樹木毎の成育状態の予測や、成育状況から収穫時期までに必要な肥料の購入費用を予測してROIを測ることも可能。- SeeTree raises $11.5M to help farmers manage their orchards

手書き書類をデジタル化する「HyperScience」が3,000万ドルを調達

Image Credit: HyperScience
手書き書類をデジタル化する「HyperScience」がシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達。ヘルスケア、保険、金融、行政を中心に手書きフォームをデジタル書類に変換、管理コスト効率化をサポートするサービスを展開。画像認識にAIを用いており、数日で導入できる点が特徴。請求は利用アカウント単位ではなく読み込み書類数ベース。- HyperScience, the machine learning startup tackling data entry, raises $30 million Series B