北京発、六足歩行ロボットとOSを販売する「Vincross」が 1,000万ドルを調達

Image Credit: Vincross
北京発、六足歩行ロボットとそのOSを販売する「Vincross」が 1,000万ドルを調達。六足歩行のロボット「HEXA」とOS「Mind Kit」を販売する。ユーザーがOSにプログラムを自由に入力し制御できる点が特徴。たとえば文字を書かせたり、音楽を奏でさせることができる。「HEXA」は720ピクセルのカメラ、距離感知センサーWifiを搭載。949ドルから販売する。- Lenovo leads $10 million investment in robotics startup Vincross

大手医療メーカー「ジョンソンアンドジョンソン」が手術用ロボットを開発する「Auris」を34億ドルで買収

Image Credit: Auris
大手医療メーカー「ジョンソンアンドジョンソン」が手術用ロボットを開発する「Auris」を34億ドルで買収。「Auris」は遠隔内視鏡手術を専門とした医療ロボットを開発。主に肺がん治療などに利用されている。ジョンソンアンドジョンソンが医療ロボティクス分野に参入したのは今回の買収が初めて。- Johnson & Johnson to buy surgical robotics firm Auris for $3.4 billion

ロボットインフラサービス「Formant」が600万ドルを調達

Image Credit: Formant
ロボットインフラサービス「Formant」がシードラウンドで600万ドルを調達。ロボットのクラウド接続、監視や制御を一括で行うサービスを提供している。人との協業作業向けロボットを導入する企業をターゲット顧客としている。約15分でロボットアプリケーションと既存ツールの統合ができる点が特徴。- Ex-Googlers meld humans & machines at new cobotics startup Formant

Amazon、ラストワンマイル配達車「Scout」の試験導入開始

Amazon、ラストワンマイル配達車「Scout」の試験導入開始。現在ワシントンのスノホミッシュ郡の近隣で配達テストを行なっている。同電動配達車「Amazon Scout」は歩行者と同じ速度で移動し、歩道を利用する人やペットを効率的に避け、安全に運転することができるという。- Amazon Deploys Autonomous Delivery Vehicles on WA County’s Sidewalks

Amazonが自律移動型フォークリフトを開発する「Balyo」に投資

Image Credit : Balyo
Amazonが自律移動型フォークリフトを開発する「Balyo」に投資。同社は倉庫内の荷物運搬用ロボットを開発しており、非常に狭い通路を通ることができる。2018年度の収益が前年度比40%増の2,330万ユーロを計上。AmazonはBalyo資本の最大29%に相当する新株予約権を受け取るという。 - Amazon to invest in Balyo’s self-driving forklift technology

家庭用パーソナルロボット「Temi」が2,100万ドルを調達

Image Credit: Temi
家庭用パーソナルロボット「Temi」がシリーズBで2,100万ドルを調達。音声とアプリで制御することができ、カラーディスプレイとWifi・Bluetooth機能を搭載するロボットを開発。本体に内蔵されたIoTセンサーを通じて屋内の障害物を回避し、ユーザーを自動追跡する。1,500ドルから購入可能。2018年12月末には出荷を開始し、月間最大3万台まで生産数を拡大させる見込み。- Temi raises $21 million for a home robot that can follow you around

ロボットアシスタント「Elementary Robotics」が360万ドルを調達

Image Credit:Elementary Robotics
ロボットアシスタント「Elementary Robotics」がシードラウンドで360万ドルを調達。AIや深度センサーを搭載したより安全で低価格なロボット製品開発に取り組む。人間の反復作業を代替する生産性向上に貢献するロボット開発を進める。今回の調達はトヨタ自動車のAI関連投資部門「Toyota AI Ventures」なども参加した。- Elementary Robotics raises $3.6 million for intelligent robot assistants

ロボットアームを開発する「Right Hands Robotics」が2,300万ドルを調達

Image Credit: Right Hands Robotics
ロボットアームを開発する「Right Hands Robotics」が2,300万ドルを調達。Eコマース配送センターで商品を自動選択・振り分けを行うロボットアームを開発。現在は最大2キロの重さの物体を持ち上げることができる。今回の資金調達でより重たい商品のピックアップにも対応させるため製品開発に注力する予定。日本にも展開を開始するという。–  RightHand Robotics raises $23 million to grow its ecommerce solution in Europe and Japan

ロボットオペレーティング・システム「Wandelbots」が680万ドルを調達

Image Credit:Wandelbots
ロボットオペレーティング・システム「Wandelbots」が680万ドルを調達。ユーザーはセンサー内蔵のジャケットを着て、特定動作をロボットにインプットさせる。通常、産業用ロボットでは動作をインプットするのに3ヶ月ほど期間が必要であったが、ジャケットを着て人間が直接教えることで10分以内にインプット工程を終えられるようになったという。- Wandelbots raises $6.8M to make programming a robot as easy as putting on a jacket