ビジネスマン向けAirbnb「2nd Address」が1,000万ドルを調達

Image Credit: 2nd Address
ビジネスマン向けAirbnb「2nd Address」が1,000万ドルを調達。30日以上の長期出張ビジネスマン向けに、ホテルと比較して40%程度安い価格で利用できる物件紹介プラットフォームを運営する。現在ロサンゼルス、ニューヨーク市、シカゴ、ワシントンDCで3,200以上の宿泊場所を提供、650人のホストが登録されている。- 2nd Address picks up $10M from GV, Foundation to take on Airbnb in business travel

屋根修繕見積もりサービス「Roofr」が400万ドルを調達

Image Credit: Roofr
屋根修繕見積もりサービス「Roofr」がシードラウンドで400万ドルを調達。航空写真または衛星画像を活用して利用者住宅の屋根を査定。26秒ほどで査定見積もりを出し、修繕業者とのマッチングを行う。屋根の査定と見積もりは無料で依頼することができる今回の資金調達にはY Combinatorも参加した。- Roofr Raises $4 Million Having Completed the Y Combinator Program

「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収

Image Credit: Euclid
「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収。Euclidはオフィス内のWifi利用データを収集してどのようにオフィス空間が使われているのかを分析するサービスを展開。今回、WeWorkにとって2019年初の買収になる。昨年度1億ドルで買収したオフィスマネージメントサービス「Teem」に続き(詳細記事はこちら)、オフィス向けソフトウェア企業の買収となった。- WeWork just made its first acquisition of 2019, snapping up a visitor identity and behavior company

ホテル業界向け顧客対応プラットフォーム「Zingle」が1,100万ドルを調達

Image Credit: Zingle
ホテル業界向け顧客対応プラットフォーム「Zingle」が1,100万ドルを調達。顧客からの問い合わせを従業員全員が共同受信メールボックスでリアルタイムに確認、連絡先を一括管理できるプラットフォームを提供する。言語は90言語以上に対応しており、顧客とクライアントが交換した累計メッセージ数は1億2000万件にのぼるという。- Zingle raises $11 million to unify hotel messaging services

オンライン住宅ローン「Better Mortgage」が7,000万ドルを調達

Image Credit: Better Mortgage
オンライン住宅ローン「Better Mortgage」がシリーズCラウンドで7,000万ドルを調達。新規住宅購入や借り換えの際に低金利ローンを提供する。米国では累計7,000人以上に20億ドル以上をローンとして提供したという。- Better Mortgage Secures $70 Million in Series C Funding from American Express Ventures and the Healthcare of Ontario Pension Plan

オンデマンド貸し倉庫「Clutter」が2億5,000万ドルを調達予定との報道

Image Credit: Clutter
オンデマンド貸し倉庫「Clutter」が2億5,000万ドルを調達する予定であると報じられた。リード投資はSoftBankが務めるという。ユーザーに収納スペースを提供するだけでなく、運搬から貸し倉庫に収納している物をオンラインで管理できるサービスを提供。現在5種類の大きさの収納スペースを用意。競合である「MakeSpace」や「Boxbee(すでにクローズ)」がミレニアル世代、かつ頻繁に収納物の出し入れをする顧客をターゲットとしている一方、Clutterは30-40代以上で大きな荷物を長く保管したいニーズを持つ顧客を狙う。LTVの長い顧客をターゲットにすることで差別化を図ってきた。- Sources: Clutter is raising $200-250M led by SoftBank for on-demand storage and moving

本社オフィスを貸し出す「Knotel」がパリ最大のコワーキングスペース企業「Deskeo」を買収

Image Credit: Knotel
本社オフィスを貸し出す「Knotel」がパリ最大のコワーキングスペース企業「Deskeo」を買収。Knotelは50人以上のスタッフを抱え、「本社オフィス」を探している会社を対象にコワーキングスペースとオフィスサービスを提供する。WeWorkとの違いは本社機能を必要とする比較的大規模チームをターゲットとしている点。同社は2018年にレンタルオフィス検索サイト「42floors」を買収している。(詳しくはこちら)- Knotel acquires Deskeo, Paris’s largest agile office space operator

空き部屋仲介サービス「 Badi」が3,000万ドルを調達

Image Credit:Badi
空き部屋仲介サービス「 Badi」がシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達。自宅の空き部屋を賃貸物件として貸し出せるプラットフォームを運営。オーナーと利用者がお互いのプロフィールを登録、チャットを通じて手軽に物件契約ができる。現在ロンドン、バルセロナ、マドリード、ローマの4都市で5,500件以上の物件が登録されている。- Badi raises $30M in Series B funding to lead the way in reshaping the rental market

オンライン不動産査定プラットフォーム「 Bowery 」が1,200万ドルを調達

Image Credit:Bowery
オンライン不動産鑑定プラットフォーム「 Bowery 」が1,200万ドルを調達。オンライン上で不動産査定を手軽に依頼できる。査定士はプロセスを大幅に効率化できる。現在ニューヨークを中心に展開しており、今後2~3年にロサンゼルスもしくはシカゴに進出するという。- Bowery Valuation raises $12 million more to automate the real estate appraisal process