VRコンテンツ体験施設を運用する「Sandbox VR」が6,800万ドルを調達

Image Credit: Sandbox
VRコンテンツ体験施設を運用する「Sandbox」がシリーズAラウンドで6,800万ドルを調達。SFや魔法の世界を体験できるような高品質VRコンテンツを制作。現在米国とアジア8箇所で同社が制作したコンテンツを体験できる施設を運用。今後も拠点を増やしてVRコンテンツ施設ネットワークを増やす。今回の資金調達にはアリババなどが参加した。- Sandbox VR rakes in $68 mln Series A

MRスマートグラスを開発する「Nreal」が1,500万ドルを調達

Image Credit:Nreal
MRスマートグラスを開発する「Nreal」が1,500万ドルを調達。眼鏡同等の85グラムという軽量を実現。高いディスプレイ品質が特徴のMR(複合現実)スマートグラス「Nreal Linght」を開発している。2019年第2四半期から第3四半期に1,000ドル以下で販売を開始する見込み。- Nreal raises $15 million and shows off its 3-ounce mixed reality smart glasses

AR企業向けクラウド3Dマップ「Scape Technologies」が800万ドルを調達

Image Credit:Scape Technologies
AR企業向けクラウド3Dマップ「Scape Technologies」がシードラウンドで800万ドルを調達。ARコンテンツ開発者向けにクラウド3Dマップを開発。屋外の正確な位置にプログラムを展開するためのロケーションデータソースを提供する。従来、ローカルで3Dマップデータを活用せざるをえなかったARコンテンツ企業の課題を解決する。現在はα版を限定リリースしている。- Scape Technologies Raises $8M in Seed Funding

Pokemon GOを開発する「Developer Niantic」がシリーズCラウンドで2億4,500万を調達

Image Credit : Developer Niantic
Pokemon GOを開発する「Developer Niantic」がシリーズCラウンドで2.45億ドルを調達。今回の資金調達で40億ドルの評価額が付いた。今回調達した資金をもとに『Harry Potter』に代表される新コンテンツに注力するという。 - Pokémon Go dev raises $245 million in funding

累計1.3億ドルを調達していた英国ARアプリ開発会社「Blippar」が倒産

Image Credit: Blippar
累計1.3億ドルを調達していた英国ARアプリ開発会社「Blippar」が倒産。スマホレンズを通じて物体の関連情報をAR表示する画像検索アプリを制作していた。2011年以来、ARの先駆的企業として資金調達を重ねてきたが競合企業参入が原因となり資金が底をついた。 – After $130M+ in funding, AR startup Blippar collapses

「ポケモンGO」を開発する「Niantic」39億ドルの評価額を目指す

Image Credit: Niantic
「ポケモンGO」を開発する「Niantic」39億ドルの評価額を目指す。現在同社は少なくとも2億ドルの資金調達を計画しており、サムスン電子なども出資に参加する見込み。先月のとあるイベントで、サムスンはNitanticのARプラットフォーム構想に対して強い期待感を述べていた。- Pokmon Go Maker Is Seeking a $3.9 Billion Valuation

ARを使った顧客対応サービス「TechSee Augmented Vision」が1,600万ドルを調達

Image Credit: TechSee Augmented Vision
ARを使った顧客対応サービス「TechSee Augmented Vision」が1,600万ドルを調達。企業のコールセンター向けARソフトウェアを開発する。導入企業の担当者は顧客からスマホ経由で送られてきた映像データにARの説明書きを自動追加。顧客とスマホで電話をしながら、家電に代表される小売商品の使い方をレクチャーできるようになる。今回の調達と同時に、一部の顧客サポート業務をボット代行するサービスを発表。- TechSee nabs $16M for its customer support solution built on computer vision and AR

ARグラスを製造する「WaveOptics」が2,000万ポンドを調達

Image Credit: WaveOptics
ARグラスを製造する「WaveOptics」が2,000万ポンドを調達。同社のARグラスは眼鏡ほど小型なのが特徴。製造業での展開を見込んでおり、たとえば倉庫内でどの商品をピックアップすれば良いのかなどをARグラス上で示す。現在は一台1,000ドルほどで販売しているが、600ドル未満での販売を目指すという。- British AR optics startup WaveOptics raises £20 million

AR用ディスプレイメーカー「DigiLens」が2,500万ドルを調達

Image Credit: DigiLens
AR用ディスプレイメーカー「DigiLens」が2500万ドルを調達。導光版の反射成分をガラス板に直接印刷する技術により、他社の製品より安価に販売することを可能とした。2019年度からは150度の広角視野で、より没入感を楽しめる製品開発に注力する。今回のラウンドは「Pokemon Go」を開発する「Niantic」や「三菱化学」が参加した。- DigiLens raises funding for holographic AR displays from Niantic and Mitsubishi Chemical