金融機関API集約プラットフォーム「Tink」が5,600万ユーロを調達

Image Credit: Tink
金融機関API集約プラットフォーム「Tink」が5,600万ユーロを調達。300社以上の金融機関のAPIを一括で利用出来るオープンバンクプラットフォームを提供。利用企業は複数の各銀行口座を一元化、支払いや預かりをスムーズに行えるサービスを手軽に構築できる。無料版と有料版でサービス展開している。- API platform Tink raises €56m and expands in Europe

Microsoftがデータサイエンス・スタートアップ「Databricks」に2億5,000万ドルを出資

Image Credit: Databricks
「Microsoft」がデータサイエンスのスタートアップ「Databricks」に2億5,000万ドルを出資。「Databricks」は企業のデータベースを一元化するプラットフォームを提供。必要な情報を検索・分析するためにAIを用いる。昨年の年間経常収益は1億ドルに達し、サブスクリプション売上は前年同期比で3倍に増えたという。今回調達した際の評価額は27億5,000万ドルであった。- Microsoft Invests in ‘Boring AI’ Startup Valued at $2.75 Billion

「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収

Image Credit: Euclid
「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収。Euclidはオフィス内のWifi利用データを収集してどのようにオフィス空間が使われているのかを分析するサービスを展開。今回、WeWorkにとって2019年初の買収になる。昨年度1億ドルで買収したオフィスマネージメントサービス「Teem」に続き(詳細記事はこちら)、オフィス向けソフトウェア企業の買収となった。- WeWork just made its first acquisition of 2019, snapping up a visitor identity and behavior company

AIが機械の故障を事前予測する「Augury」が2,500万ドルを調達

Image Credit: Augury
AIが機械の故障を事前予測する「Augury」が2,500万ドルを調達。機械音や温度をリアルタイムモニタリングして正常稼働しているかを診断。生産性が落ちないように監視し、故障のシグナルが出たら即座に対応できるようなAIサービスを提供する。現在飲食および製薬企業と連携しているという。- Augury raises $25 mln

AI書き起こしサービス「Verbit」が2,300万ドルを調達

Image Credit: VerbitAI
AI書き起こしサービス「Verbit」がシリーズAラウンドで2,300万ドルを調達。従来比約10倍の速さ、かつ90%の精度で音声の書き起こしや動画字幕作成を行うAIサービスを提供する。現在は法律及び学術分野に特化しており、すでに100超の顧客を獲得している。- Verbit raises $23M for its transcription service

「Dropbox」が電子署名サービスを提供する「HelloSign」を2億3,000万ドルで買収

Image Credit: HelloSign
「Dropbox」が電子署名サービスを提供する「HelloSign」を2億3,000万ドルで買収。「Hellosign」はオンラインで簡単に契約書な作成及び電子署名できるサービスを提供。APIを利用することで導入企業はシームレスに電子署名機能を追加できる。GmailやGoogle Docs、Oracleなどの外部サービスとの連携も可能。- Dropbox snares HelloSign for $230M, gets workflow and eSignature

API使用パターンを分析する「Moesif」が350万ドルを調達

Image Credit: Moesif
API使用パターンを分析する「Moesif」がシードラウンドで350万ドルを調達。APIを使用している地域、利用頻度を分析するほか、顧客が使用しているAPIに問題があるときにモニタリング機能を使い解決する機能を提供。昨年リリースされ、現在2,000を超えるユーザーを獲得している。- Moesif raises $3.5M seed round to provide insight into API usage

手書き書類をデジタル化する「HyperScience」が3,000万ドルを調達

Image Credit: HyperScience
手書き書類をデジタル化する「HyperScience」がシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達。ヘルスケア、保険、金融、行政を中心に手書きフォームをデジタル書類に変換、管理コスト効率化をサポートするサービスを展開。画像認識にAIを用いており、数日で導入できる点が特徴。請求は利用アカウント単位ではなく読み込み書類数ベース。- HyperScience, the machine learning startup tackling data entry, raises $30 million Series B

ロボットインフラサービス「Formant」が600万ドルを調達

Image Credit: Formant
ロボットインフラサービス「Formant」がシードラウンドで600万ドルを調達。ロボットのクラウド接続、監視や制御を一括で行うサービスを提供している。人との協業作業向けロボットを導入する企業をターゲット顧客としている。約15分でロボットアプリケーションと既存ツールの統合ができる点が特徴。- Ex-Googlers meld humans & machines at new cobotics startup Formant