オランダ発、オンラインミーティングサービス「24sessions」が100万ドルを調達

Image Credit: 24sessions
オランダ発、オンラインミーティングサービス「24sessions」が100万ドルを調達。ビデオチャットや画面共有、ファイル共有のサポートが付いておりGoogleやOffice365のカレンダー機能と連携したミーティング予約ができる。また、会議内容の分析や営業会話トレーニングなどを目的としたミーティング録画機能もついている。1ユーザーあたり1か月49ユーロからサービスを提供する。- Video conferencing specialist 24sessions scores $1m funding

音声アプリ開発者向けコンテンツ管理プラットフォーム「Jargon」が180万ドルを調達

Image Credit: Jargon
音声アプリ開発者向けコンテンツ管理プラットフォーム「Jargon」がプレシードラウンドで180万ドルを調達。音声アプリケーション開発者がAmazon AlexaやGoogle Assistant向けアプリ機能を実装する際、各スキルの追加・管理を容易にできるSDKを配布する。同社SDKが組み込まれたアプリはスキル導入やコンテンツ管理がクラウド上で出来るようになる。今回の資金はAmazonの音声スタートアップ特化ファンド「Alexa Fund」などから調達した。- Jargon Announces $1.8M Pre-Seed

ロンドン発、企業向けメンタルヘルスサービス「Spill」が65万ポンドを調達

Image Credit: Spill
ロンドン発、企業向けメンタルヘルスサービス「Spill」が65万ポンドをシードラウンドで調達。対面カウンセリングが必要になる手前の、緊急性の比較的低い段階の人をターゲットに企業向けメンタルヘルスケアサービスを展開。同社アプリを通じて従業員はカウンセラーとメッセージをすることができる。病院に通う手間やキャリア上の汚点を感じることなく、手軽に従業員がメンタル課題を打ち明けられる窓口を目指す。- Spill picks up £650K seed round for its message-based workplace therapy app

API統合プラットフォーム「Transposit」が1,220万ドルを調達

Image Credit: Transposit
API統合プラットフォーム「Transposit」が1,220万ドルを調達。従来、APIを挿入するには各コードが正常に稼動するように全体調整する必要があった。導入以降のメンテナンスコストも大きく開発者の負担となっていた。そこでTranspositは各ソフトウェアに最適化したコンポジションを生成するサービスを展開。あらゆるシチェーションに合わせたコンポジションを作り出す。開発者は平均18個のAPIを使っているが、年間2,000以上のAPIが市場に誕生する。どれを使えばいいのか、そしてどうやったら最適化して導入できるのかわからない複雑なAPI市場の課題を解決する。- API company Transposit raises $12.2 mln led by Sutter Hill Ventures

IoTデバイスのセキュリティープロバイダー「Mocana」が1,500万ドルを調達

Image Credit: Mocana
IoTデバイスのセキュリティープロバイダー「Mocana」が1,500万ドルを調達。同社のツールはサイバーセキュリティーコンプライアンスを満たしながらIoTデバイスの自動的管理ができる。たとえばIoT製品の開発から製造、デバイスのアクティベーションにかかるセキュリティまで対応。すでに1億を超えるデバイスを保護しており「GE」や「SAMSUNG」など200を超える企業にサービスを提供する。- Mocana raises $15 mln

Eコマースレビューサイト「Trustpilot」が5,500万ドルを調達

Image credit: Trustpilot
Eコマースレビューサイト「Trustpilot」がシリーズEラウンドで5,500万ドルを調達。ユーザーは手軽に企業/サービスレビューを検索できる。一方、企業側は各ウェブサイトに散らばるレビューを効率的に収集できる。同社レビューデータベースには150か国以上の国々、26万社以上の企業に対する5,800万件を超えるレビューがある。ユーザーは毎月約120万件の新しいレビューを投稿するという。- Trustpilot raises $55 million for online business reviews

ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」が1,600万ドルを調達

Image credit: Functionize
ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」がシリーズAラウンドで1,600万ドルを調達。FunctionizeはAWSやBambooなどのクラウドサービスと連携、自然言語処理の技術を用いて開発者がスクリプトを書かずともテスト項目を英語のプレーンテキストで注文できる。API呼び出しや二段階認証、cookieの記録動作確認までを迅速に行い、バグの発見及び修正をサポート。数千ものテストが数分で完了することが特徴で、テスト項目作成から修正にかかる時間を最大90%削減できるという。- Functionize raises $16 million to automate software testing with AI

仮想通貨取引所「Coinbase」がブロックチェーン分析会社「Neutrino」を1,350万ドルで買収

Image Credit: Neutrino
仮想通貨取引所「Coinbase」がブロックチェーン分析会社「Neutrino」を1,350万ドルで買収。独自トラッキング技術を用いて複数のブロックチェーンにまたがる暗号化された情報を分析、ブロックチェーン上の履歴を追跡する技術を有する。現在Neutrino社が分析した顧客データを販売していた疑惑が出ている。- Coinbase Bought Neutrino for $13.5 Million, Acquisition Contract Allegedly Shows

気候変動データを販売する「Jupiter」が2,300万ドルを調達

Image Credit: Jupitar
気候変動データを販売する「Jupiter」が2,300万ドルを調達。洪水や火事、暴風雨といった気候変動に伴う災害による企業リスクに着目。衛星画像や独自の気候変動予測データに基づいた資産リスク情報を大手保険・不動産会社やニューヨークやマイアミ市などの公的機関に販売する。今回の資金調達には日本の大手保険会社「MS&AD」などが参加した。- Jupiter raises $23 million to tell businesses and governments how climate change will destroy them