金融機関API集約プラットフォーム「Tink」が5,600万ユーロを調達

Image Credit: Tink
金融機関API集約プラットフォーム「Tink」が5,600万ユーロを調達。300社以上の金融機関のAPIを一括で利用出来るオープンバンクプラットフォームを提供。利用企業は複数の各銀行口座を一元化、支払いや預かりをスムーズに行えるサービスを手軽に構築できる。無料版と有料版でサービス展開している。- API platform Tink raises €56m and expands in Europe

企業向けチャットサービス「Mattermost」が2,000万ドルを調達

Image Credit: Mattermost
企業向けチャットサービス「Mattermost」が2,000万ドルを調達。「Slack」と互換性のあるチャットサービスを開発しているが、「Slack」とは異なりチーム間でのグループコミュニケーションではなく企業単位のコミュニケーションに特化する。現在「Uber」を代表とする企業で利用され10,000ダウンロードを達成したという。- Slack competitor Mattermost raises $20 million for its workplace chat app

太陽光発電に関するワンストップソリューション「Aurora Solar」が2,000万ドルを調達

Image Credit: Aurora Solar
太陽光発電に関するワンストップソリューション「Aurora Solar」がシリーズAラウンドで2,000万ドルを調達。発電機の設計から電力の販売提案、電力量の分析まで包括的な太陽光発電サービスを企業向けに提供する。現在毎週12,000以上の新規プロジェクトを抱えているという。- $20 Million Series A Growth Strategy For Aurora Solar

 

Microsoftがデータサイエンス・スタートアップ「Databricks」に2億5,000万ドルを出資

Image Credit: Databricks
「Microsoft」がデータサイエンスのスタートアップ「Databricks」に2億5,000万ドルを出資。「Databricks」は企業のデータベースを一元化するプラットフォームを提供。必要な情報を検索・分析するためにAIを用いる。昨年の年間経常収益は1億ドルに達し、サブスクリプション売上は前年同期比で3倍に増えたという。今回調達した際の評価額は27億5,000万ドルであった。- Microsoft Invests in ‘Boring AI’ Startup Valued at $2.75 Billion

「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収

Image Credit: Euclid
「WeWork」がオフィス環境分析サービス「Euclid」を買収。Euclidはオフィス内のWifi利用データを収集してどのようにオフィス空間が使われているのかを分析するサービスを展開。今回、WeWorkにとって2019年初の買収になる。昨年度1億ドルで買収したオフィスマネージメントサービス「Teem」に続き(詳細記事はこちら)、オフィス向けソフトウェア企業の買収となった。- WeWork just made its first acquisition of 2019, snapping up a visitor identity and behavior company

PM向け顧客フィードバック管理サービス「productboard」が1,000万ドルを調達

Image Credit: productboard
PM向け顧客フィードバック管理サービス「productboard」がシリーズAラウンドで1,000万ドルを調達。自社製品に対しての顧客フィードバックを様々なソースから収集、チームにタスク振り分けできるダッシュボード管理サービスを提供。PMは優先度の高いフィードバックをタスクとして各担当者へ直接指示できる。チャットサービス「Slack」と連携しており、現在1,600社のクライアントを獲得。- productboard Nabs $10M

「Slack」が直接上場の手法でIPOを申請

Slack」がが直接上場の手法でIPOを申請。同社は従来のIPOではなく金融機関の主幹事なしに行う直接上場を計画しているという。直接上場を行うテクノロジー系の企業は「Spotify」に続き二社目。CNBCによると「Slack」の2018年の時価総額は71億ドル(約7800億円)以上、デイリーアクティブユーザーは1,000万人を超えたという。- Slack confidentially files to go public

AIが機械の故障を事前予測する「Augury」が2,500万ドルを調達

Image Credit: Augury
AIが機械の故障を事前予測する「Augury」が2,500万ドルを調達。機械音や温度をリアルタイムモニタリングして正常稼働しているかを診断。生産性が落ちないように監視し、故障のシグナルが出たら即座に対応できるようなAIサービスを提供する。現在飲食および製薬企業と連携しているという。- Augury raises $25 mln

ホテル業界向け顧客対応プラットフォーム「Zingle」が1,100万ドルを調達

Image Credit: Zingle
ホテル業界向け顧客対応プラットフォーム「Zingle」が1,100万ドルを調達。顧客からの問い合わせを従業員全員が共同受信メールボックスでリアルタイムに確認、連絡先を一括管理できるプラットフォームを提供する。言語は90言語以上に対応しており、顧客とクライアントが交換した累計メッセージ数は1億2000万件にのぼるという。- Zingle raises $11 million to unify hotel messaging services