暗号通貨企業のコンプライアンスに特化した「Token Relationship Management」が170万ドルを調達

Image Credit: Token Relationship Management
暗号通貨企業のコンプライアンスに特化した「Token Relationship Management」がシードラウンドで170万ドルを調達。AIを活用して数百万のデータを解析し、暗号通貨に関するマネーロンダリングや市場操作などの疑わしい活動を自動検出するツールを開発する。現在2万人以上が自身のEtheremをプラットフォームに登録する。- TRM raises $1.7 million to streamline compliance and accelerate crypto adoption

APIセキュリティサービス「Salt Security」が1,000万ドルを調達

Image Credit: Salt Security
APIセキュリティサービス「Salt Security」が1,000万ドルを調達。Web・モバイル・IoTアプリケーションに利用されるAPIをデータ漏えいや攻撃から保護するための、特許取得済みのAIプラットフォームを提供する。2018年、APIがサイバーセキュリティー上の優先事項トップ3位に選ばれているが対策が進んでいない課題に着目したサービス。- Salt Security Raises $10M in Funding

教育機関向けAppleデバイス管理を効率化する「Mostyle」が1,600万ドルを調達

Image Credit: Mostyle
教育機関向けAppleデバイス管理を効率化する「Mostyle」がシリーズAラウンドで1,600万ドルを調達。教育機関を中心にiPad・Macなど複数台のAppleデバイスを一括で管理・制御・保護するソフトウェアを提供する。ユーザーは複数AppleデバイスのWifiや音量などの設定をダッシュボードで一元設定できる。現在米国をはじめとする70カ国、8,500校以上の学校に導入実績を持つ。- Mosyle raises $16 million to streamline Apple device management

クラウドID管理サービス「OneLogin」が1億ドルを調達

Image Credit:OneLogin
クラウドID管理サービス「OneLogin」が1億ドルを調達。Office 365やG Suite、Salesforceなどに代表される複数のクラウドサービス・アプリケーションを利用する企業向けにIDaaSソリューションを提供。各ID管理情報を高いセキュリティー下かつ低コストで運用できる。現在2,500社以上の企業が利用する。- OneLogin pulls in $100 mln

ブロックチェーン向け本人認証技術「Authenteq」が500万ドルを調達

Image Credit : Authenteq
ブロックチェーン向け本人認証技術「Authenteq」がシリーズAラウンドで500万ドルを調達。ユーザーがブロックチェーンを利用する際、自動顔認証を通じたアカウント情報を求められる。本人認証プロセスの追加により安全にブロックチェーン管理ができる。60秒で顔認証できることが特徴で、現在190カ国以上で展開している。 - Authenteq raises $5 million for blockchain identity verification

子どもの安全を守るデジタルセキュリティ企業「Securly」が1,600万ドルを調達

Image Credit: Securly
子どもの安全を守るデジタルセキュリティ企業「Securly」がシリーズBラウンドで1,600万ドルを調達。AIの自然言語処理を利用し、子供がメールやウェブからいじめを受けている兆候を検出する。米国で累計1万を超える教育機関で導入されており、1,000万を超える生徒をいじめから保護したという。- Securly Raises $16M Series B Funding Led by Defy Partners to Keep Kids Safe Online at School, and at Home

不正な書類/契約書を特定するAPI「InscribeAI」が300万ドルを調達

Image Credit: InscribeAI
不正な書類/契約書を特定するAPI「InscribeAI」が300万ドルを調達。保険会社や金融機関に送付された書類を自然言語処理と画像認識を用いてスキャンし、詐欺の有無を特定するAPIを開発。書類上に頻繁に利用されている不正な電話番号などの基本情報から詐欺の兆候を予測する。同社は著名アクセレレーター「Y Combinator」出身企業。- Inscribe raises $3 million to automate document fraud detection

従業員のITツール利用状況監視サービス「Nexthink」が8,500万ドルを調達

Image Credit: Nexthink
従業員のITツール利用状況監視サービス「Nexthink」が8,500万ドルを調達。従業員がタブレットやスマホ、パソコンにダウンロードしているアプリのパフォーマンス計測やポリシー違反行動の有無などを調査・監視するサービス。すでに「Adobe」や「Tiffany&Co.」など900のクライアントを抱える。- Nexthink raises $85M to monitor and improve ’employee experience’ of apps