API統合プラットフォーム「Transposit」が1,220万ドルを調達

Image Credit: Transposit
API統合プラットフォーム「Transposit」が1,220万ドルを調達。従来、APIを挿入するには各コードが正常に稼動するように全体調整する必要があった。導入以降のメンテナンスコストも大きく開発者の負担となっていた。そこでTranspositは各ソフトウェアに最適化したコンポジションを生成するサービスを展開。あらゆるシチェーションに合わせたコンポジションを作り出す。開発者は平均18個のAPIを使っているが、年間2,000以上のAPIが市場に誕生する。どれを使えばいいのか、そしてどうやったら最適化して導入できるのかわからない複雑なAPI市場の課題を解決する。- API company Transposit raises $12.2 mln led by Sutter Hill Ventures

ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」が1,600万ドルを調達

Image credit: Functionize
ソフトウェアバグを自動修正する「Functionize」がシリーズAラウンドで1,600万ドルを調達。FunctionizeはAWSやBambooなどのクラウドサービスと連携、自然言語処理の技術を用いて開発者がスクリプトを書かずともテスト項目を英語のプレーンテキストで注文できる。API呼び出しや二段階認証、cookieの記録動作確認までを迅速に行い、バグの発見及び修正をサポート。数千ものテストが数分で完了することが特徴で、テスト項目作成から修正にかかる時間を最大90%削減できるという。- Functionize raises $16 million to automate software testing with AI

仮想通貨のトレーディングサービス「Tagomi」が1,200万ドルを調達

Image Credit: Tagomi
仮想通貨のトレーディングサービス「Tagomi」が1,200万ドルを調達。同社はBitcoinやEthereum、その他アルトコインのポートフォリオ管理やプログラマティック投資ができるAPIを提供する。注文の処理及び決済機能も兼ね備えており、運用を自動化/簡易化することで取引コスト削減に繋げる。同社は以前、著名投資家のPeter Thiel氏らのサポートを受けていた。- Crypto Trading Platform Tagomi Nets $12 Million in New Funding Round

IoT時代のネットワークセキュリティー「Ordr」が1,650万ドルを調達

Image Credit: Ordr
IoT時代のネットワークセキュリティー「Ordr」が1,650万ドルを調達。従来のセキュリティーネットワークはスマートドアやカメラ、商業用ロボットなど複数のIoTデバイスと接続されていても、どの端末がリアルタイム接続されていてどのくらいのデータ量を消費・活動しているのかわからない複雑性があった。そこで同社は機械学習を用いて各接続デバイス及びシステムを監視してリアルタイムで疑わしい動作にフラグを立てる。既存ネットワークに簡単に導入できる点も特徴。- Ordr raises $16.5 million for network-level cybersecurity

ロンドン発、フィンテックの自動化サービス「Nivaura」が2,000万ドルを調達

Image Credit: Nivaura
ロンドン発、フィンテックの自動化サービス「Nivaura」が2,000万ドルを調達。同社は銀行や証券取引所などに対して債務や株式などの金融商品の管理プロセスを自動化するサービスを提供する。既存インフラに手軽にプラグイン導入することが可能である点が特徴。- London-based fintech automation startup Nivaura raises $20 million

開発者向けAPI統合管理サービス「Cloud Elements」が2,500万ドルを調達

Image Credit: Cloud Elements
開発者向けAPI統合管理サービス「Cloud Elements」がシリーズCラウンドで2,500万ドルを調達。170を超える各種ソフトウェアを一元管理できるプラットフォームを開発。認証やエラー処理などに一括対応できる点が特徴。複数のAPI連携の中でバグが発生した場合、即座に対応できる。- Cloud Elements on API high with $25m funding

エンジニアのパフォーマンス管理分析ツール 「Pinpoint」が1,350万ドルを調達

Image Credit: Pinpoint
エンジニアのパフォーマンス管理分析ツール「Pinpoint」がシリーズAラウンドで1,350万ドルを調達。GitHubなどからエンジニアの開発データを収集。機械学習を用いて開発チームのパフォーマンス分析を行い、開発スケジュールや進捗に関するフィードバックをするサービスを展開。- Pinpoint grabs $13.5M Series A to bring data discipline to engineering

データ可視化ツール「Metabase」が1,300万ドルを調達

Image Credit: Metabase
データ可視化ツール「Metabase」が1,300万ドルを調達。従来のデータ可視化ツールと異なり、プロバイダーによるサポートや専門知識がなくても利用できる手軽さが特徴。オープンソースソフトウェアとしてソースコードを無料でオンラインで公開。- Metabase, An Uber Co-founder’s New Big Data Startup, Raises $13M

データアナリティクスプラットフォーム「Mode」が2,300万ドルを調達

Image Credit: Mode
データアナリティクスプラットフォーム「Mode」がシリーズCラウンドで2,300万ドルを調達。企業向けにリアルタイムデータの収集・分析サービスを提供する。SQL、Python、またはR言語に対応。たとえば株式の変動を追跡したり特定KPIのトラッキングを自動で行い、収集データを手軽にSlackのチームスレッドに共有できる。- Mode raises $23 mln led by Valor Equity Partners