シカゴ発ライブストリーミングプラットフォーム「Lightstream」が800万ドルを調達

Image Credit: Lightstream
シカゴ発ライブストリーミングプラットフォーム「Lightstream」がシリーズAラウンドで800万ドルを調達。ソフトウェアをダウンロードすることなく手軽にYoutubeやFacebookなどでライブ配信できるプラットフォームを提供する。クラウドで動画処理を実行するためユーザーに大きな負担がかからず、かつ同社製品「PRISM」では最大4名が同じ画面上で配信できる点が特徴。画面に表示するコンテンツも手軽にカスタマイズできる。直近の1年間でユーザー数は約4倍に増加したという。- Lightstream raises $8 million to expand its livestreaming tools

Z世代向けスポーツメディア「Overtime」が2,300万ドルを調達

Image Credit: Overtime
スポーツメディア「Overtime」がシリーズBラウンドで2,300万ドルを調達。バスケやフットボールをする高校生(Z世代)を対象にInstagram・Twitter・YouTube・Snapchatに代表されるSNS、テレビや自社アプリ・Webサイトを通じてスポーツ番組を配信する。同社のコンテンツは現在毎月5億5000万回以上視聴されているという。今回のラウンドは著名VCの「Andreessen Horowitz」やNBAのトッププライヤーが参加した。- Overtime Raises $23M Series B Fueled By Andreessen Horowitz And NBA Players

イスラエル発、ゲームライブ配信プラットフォーム「StreamElements 」が1,130万ドルを調達

Image Credit: StreamElements
イスラエル発、ゲームライブ配信プラットフォーム「StreamElements 」がシリーズAでラウンド1,130万ドルを調達。ゲーム実況者向けにオールインワンのツールキットを提供。連携するとチャットボットやロイヤリティー機能などを利用できるようになる。現在20万以上のYouTubeとTwitchチャンネルで利用されており、年間ユーザー増加率は6倍に及ぶ。- Israeli live-streaming co StreamElements raises $11.3m

インターネットゲーマー向け高速回線サービス「Network Next」が440万ドルを調達

Image Credit: Network Next
インターネットゲーマー向け高速回線サービス「Network Next」がシードラウンドで440万ドルを調達。インターネットゲームプレイヤー向けにリアルタイムで最速かつ一貫性のある回線ルートを見つけ、各プレーヤーにインターネット高速回線サービスを提供する。- Network Next raises $4.4 million to create an internet fast lane for online games

esports賭博プラットフォーム「Unikrn」が新サービス「UMode」を本格ローンチ

Image Credit : Unikrn
esports賭博プラットフォーム「Unikrn」が新サービス「UMode」を本格ローンチ。同社は安全性が高いブロックチェーン技術を元にしたプラットフォーム上で賭博を行うことが特徴。暗号ギャンブルライセンスを持ち、世界で唯一ライブ賭博を事業として展開する。現在米国41州でサービスをスタートさせている。UModeはスキルの同じユーザーをマッチングさせ公平なゲームを開催する仕組み。本サービスによって初心者も含めたあらゆるユーザーがUnikrnターゲットとなった。-  Unikrn launches UMode skill-based game betting platform in 41 states.

ライブストリーミング運営プラットフォーム「Popdog」が900万ドルを調達

Image Credit : Popdog
ライブストリーミング運営プラットフォーム「Popdog」が900万ドルを調達。Eスポーツ・ゲーム分野でライブストリーミング及びインフルエンサーサービスを提供する。大手ゲームストリーミングサービス「Twitch」に売却経験を持つAlexander Garfield氏によって設立された。-Esports pioneer Alexander Garfield raises $9 million for Popdog’s competitive gaming services

インフルエンサーとゲーム会社のマッチングサービス「Matchmade」が480万ドルを調達

Image Credit: Matchmade
インフルエンサーとゲーム会社のマッチングサービス「Matchmade」が480万ドルを調達。YouTubeに登録される300万以上のチャンネルと3億以上の動画を分析し視聴者のデータを可視化。同データをもとに最適なインフルエンサーを検索するサービスを提供する。広告依頼者は複数のインフルエンサーを1度に検索し、手軽に連絡をとることができる。平均して広告費用対効果が4倍ほどになるという。 – Matchmade raises $4.8 million for influencer game marketing

仏発、eSportsチーム「Vitality」が2,000万ユーロを調達

Image Credit: Vitality
フランスのeSportsチーム「Vitality」が2,000万ユーロを調達。VitalityはヨーロッパでもトップクラスのeSportチームであり、現在11カ国、50人の選手を抱える。オランダの調査会社『Newzoo』によると2021年までにeSportsビジネスが17億ドルに達すると見込んでいる。- Team Vitality raises $22.7 million to lift European esports

高校対抗のeSports大会を運営する「Play Versus」が3,050万ドルを調達

Image Credit: Play Versus
高校対抗のeSports大会を運営する「Play Versus」がシリーズBラウンドで3,050万ドルを調達。「League of Legends」、「Rocket League」、「SMITE」の3つのゲーム大会を主催する。現在5つの州の高校が大会に参加しているが、今後8つの州にまで拡大するという。全米各地の高校でeSportsが正式な授業に認定されてきており、同社はこの認定運動に尽力していた(詳細記事はこちら)。- PlayVS Scores $30.5M To Build Infrastructure For High School Esports