スウェーデン発、電動スクーターの「Voi Technology」が3,000万ドルを調達

Image credit: Voi Technology
スウェーデン発、電動スクーターの「Voi Technology」が3,000万ドルを調達。北欧を中心にスクーターシェアリングサービスを展開。ユーザーはQRコードをアプリを通じて読み取れば電動スクーターを利用できる。ロック解除に1ユーロ、乗車後は毎分ごとの利用に0.15ユーロを支払う。現在14都市で40万人のユーザーを獲得しており、今後はヨーロッパ全域にサービス展開するという。- Voi Technology bags another $30 million to expand its electric scooters across Europe

都市交通分析「Remix」が1,500万ドルを調達

Image Credit: Remix
都市交通分析「Remix」がシリーズBラウンドで1,500万ドルを調達。鉄道やタクシー会社、建設会社、公的機関向けに交通事故状況だけでなく、統計的に事故が起こりやすい場所のデータと人口統計などを組み合わせた独自の情報プラットフォームを提供する。たとえばニュージーランド交通局は同社サービスを使うことで交通ネットワーク再建プロジェクトにかかる計画時間を92%短縮することが出来たという。- Remix raises $15 million to put transportation planning in the cloud

通学向けライドシェアリング「Zūm」が4,000万ドルを調達

Image Credit: Zūm
通学向けライドシェアリング「Zūm」がシリーズCラウンドで4,000万ドルを調達。複数のテストを通じて審査されたドライバーが子ども達をピックアップ、家や学校まで安全に送り届ける。両親はアプリを通じてリアルタイムで自動車の位置を追跡できる。累計150の学区と提携し、50万人以上の子どもに利用されたという。- Zūm, a ridesharing service for kids, raises $40 million

配車アプリ「Lyft」がIPOを申請

Image Credit: Lyft
配車アプリ「Lyft」がIPOを申請。米国でサービス展開する同社は「Uber」よりも早くIPOを公開するため、上場に向けて運賃を大幅に割り引くなどの利用促進の施策をとってきた。現在米国約350都市に展開。2018年度末時点で市場シェアは39%(2016年度は22%)、110万人のドライバーと186万人の利用客を抱える。- Lyft becomes the first ride-hail company to go public, beating Uber

法人向け駐車場管理サービス「ParkHub」が1,300万ドルを調達

Image Credit: ParkHub
法人向け駐車場管理サービス「ParkHub」がシリーズBラウンドで1,300万ドルを調達。空き駐車箇所を検知する地面設置型IoTから決済アプリ、駐車場管理システムまで一貫したサービスを提供する。現在100万以上の駐車場を管理し、これまでに1,800万台以上の駐車を処理したという。利用企業はParkHubを通じて収益最大化と空き駐車場の利用最適化を狙うことができる。- ParkHub Announces $13 Million Series B Funding Led by Arrowroot Capital

電動スクーターの需要予測サービス 「Zoba」が 300万ドルを調達

Image Credit: Zoba
電動スクーターの需要予測サービス「Zoba」がシードラウンドで 300万ドルを調達。スクーターや自転車のシェアリングビジネスを展開する企業向けに都市の交通移動量の分析・予測サービスを提供。スクーター置き場設置の最適化に貢献する。都市のレイアウトだけでなく天候などの環境要因のデータの分析もサービスに反映する。今後は物流や配達スタートアップへの展開も構想しているという。- Zoba raises $3 million to help mobility companies predict demand

配車アプリ「Lyft」が2019年3月に上場を予定

Image Credit: Lyft
配車アプリ「Lyft」が2019年3月に上場を予定。大手配車アプリUberの競合として米国市場展開をする同社は、現在35%の(米国市場)シェアを誇る。競合である「Uber」は評価額1,000億ドルである一方、「Lyft」は150億ドルだという。- Lyft reportedly plans to debut on Nasdaq next month

英国発、レンタカーアプリ「Virtuo」が2,300万ドルを調達

Image Credit: Virtuo
英国発、レンタカーアプリ「Virtuo」が2,300万ドルを調達。アプリを通じてレンタカーの予約・車の受け取りができる。最大4人まで共有できるスマートキーによって直接鍵を受け渡すことなくレンタカーを借りられる。たとえば何かしらの事故が発生して利用車に傷や凹みができてもアプリで写真を撮って報告する機能があり、全てスマートフォン上で完結できる利便性の高さがサービスの特徴。現在EU21拠点で展開しており、50万ダウンロードを獲得、英国市場における過去7か月比の収益は10倍増。- European car rental startup Virtuo inks about $23 mln

オンライン自動車保険の「Inshur」が700万ドルを調達

Image Credit: Inshur
オンライン自動車保険の「Inshur」がシリーズAラウンドで700万ドルを調達。主に配車サービス事業者向けに自動車保険をアプリを通じて提供する。「ドライバー向けLemonade」とも呼べるだろう。たとえばUberに代表されるカーシェアリングサービス利用時に発生した事故や損害が補償内容に含まれる。現在17,000人以上のユーザーを獲得しているという。- INSHUR closes $7M in Series A funding and a $2M credit facility