Category - Space/Aviation

小型通信衛星を開発する「Swarm Technologies」が2,500万ドルを調達

Image Credit: Swarm Technologies 小型通信衛星を開発する「 Swarm Technologies 」がシリーズAラウンドで2,500万ドルを調達。約4インチほどの小型衛星を開発しており、世界中で低額のインターネットサービスを利用できる環境づくりに取り組む。今後18カ月では150機の小型人工衛星の開発・打ち上げを行うという。- Swarm Technologies raises $25M to...

AmazonのクラウドユニットAWSが衛星データサービス「AWS Ground Station」を開始

AmazonのクラウドユニットAWSが衛星データサービス「 AWS Ground Station 」を開始。ユーザーはある時刻の特定地域の人工衛星写真を自社のサーバーなしで取得可能。同社は世界各地にデータセンターを保有しており、AWSの売り上げは過去最高の175億ドルとなった。-   Amazon's Cloud Unit Will Sell Satellite Data Service

リアルタイム気象データ販売会社「Understory」が750万ドルを調達

Image Credit: Understory リアルタイム気象データ販売会社「 Understory 」が750万ドルを調達。建物の屋根などにIoTを設置して雨や雹、温度、湿度などをリアルタイムで測定し、農家や保険会社などにデータを販売する。現代の気象データはピンポイントかつリアルタイムで気象データを取得できないという課題を解決する。累計500箇所にIoTを設置しているが、2019年までに5,000台に増やす予定。...

小型人工衛星用の打ち上げ基地を開発する「Vector」が7,000万ドルを調達

Image Credit: Vector 小型人工衛星用の打ち上げ基地を開発する「 Vector 」がシリーズBラウンドで7,000万ドルを調達。衛星の打ち上げは今後4年間で約4倍に増加が見込まれているが、打ち上げのプラットフォーム構築は一切手がつけられていないという。今回のラウンドには著名VCのSequoia Capitalなども参加した。- Vector Secures Additional $70M in Series B...

人工衛星開発スタートアップ「Accion System」がボーイングから300万ドル調達

Image Credit: SmileDirectClub 人工衛星開発スタートアップ「 Accion System 」がボーイングから300万ドル調達。従来型ロケットの推進システムと代替できる小型の電動推進装置「TILE」を開発。重量が軽くなるため衛星発射の打ち上げコスト削減を期待できる。- Accion Systems takes on $3M in Boeing-led round to advance its tiny...

ローカル特化の天気予報会社「ClimaCell」が4,500万ドル調達

Image Credit: ClimaCell ローカル特化の天気予報会社「 ClimaCell 」がシリーズBラウンドで4,500万ドル調達。ローカル短期気象をWifi通信環境およびIoTセンサーデータをもとにリアルタイムで解析する。従来の天気予報と比べ、ピンポインで天気状況を把握できるため、主に航空企業に利用される。同社は自律型車両や無人航空機、オンデマンドのサービスなど様々な分野に予報データを活用するという。...

航空券予約レコメンドアプリ「Hopper」が1億ドルを調達

Image Credit: Hopper 航空券予約レコメンドアプリ「 Hopper 」がシリーズDラウンドで1億ドルを調達。数十億を超えるフライト情報をAIを用いて解析、95%の精度で料金を予想。登録ユーザーにフライトの料金情報をプッシュ通知するサービス。従来の予約サイトより、一人当たり約50ドル航空券が安くなるといい、累計7,500万回の予約が行われた。- Hopper raises $100 million for AI...