ミュンヘン発、サブスク型自動車レンタルサービス「Cluno」が2,500万ユーロを調達

Image Credit: Cluno
ミュンヘン発、サブスク型自動車レンタルサービス「Cluno」がシリーズBラウンドで2,500万ユーロを調達。ユーザーはアプリを通して手軽に自動車を月額定額料金で予約し希望の場所で受け取ることができる。最低契約期間は6ヶ月、現在9つのメーカー・50種類の車種を提供する。- Munich-based digital car subscription startup Cluno raises €25 million in Series B funding

自動車をスマート化する「Vinli」が1,350万ドルを調達

Image Credit: Vinli
自動車をスマート化する「Vinli」がシリーズBラウンドで1,350万ドルを調達。専用端末を車内USBポートに挿し込むだけでアプリが利用できるようになる。ユーザーはアプリを通じて車体情報取得できるだけでなく、端末自体が車内Wifiスポットになる。車体のリアルタイムデータはAI分析された形で自動車会社に提供され、事業開発や顧客の乗車体験向上に活用される。- Vinli raises $13.5m Series B to expand its vehicle data intelligence platform

自動運転トラックを開発する「Ike」が5,200万ドルを調達。

Image Credit: Ike
自動運転トラックを開発する「Ike」がシリーズAラウンドで5,200万ドルを調達。自動運転技術を搭載したトレーラーヘッドの開発に取り組む。車載センサーが排気ガス量及び燃費を計算して最適スピードでの走行を実現させる。- Self-driving startup Ike takes in $52 mln Series A

電動スクーター「Lime」が24億ドルの評価額で3.1億ドルを調達

Image Credit: Lime
電動スクーター「Lime」が24億ドルの評価額で3.1億ドルを調達。アプリ上で電動スクーターが設置してある最寄りの場所を検索、1ドルから利用できるシェアリングサービスを展開。今回の調達はシリーズDラウンド、著名VC「Andreessen Horowitz」が新たに出資、既存投資ファンド「Alphabet」なども参加した。- Investors pour $310 mln into electric scooter maker Lime at $2.4 bln valuation

自動運転車を開発する「Aurora」が5億3000万ドルを調達

Image Credit: Aurora
自動運転車を開発する「Aurora」が25億ドルの評価で5億3000万ドルを調達。今回の資金調達はAmazonも参加、Sequoia Capitalがリードした。Bloombergのデータによると同社に新規投資をしたT. Rowe Price氏はTeslaの2番目の大株主だという。(サービス内容はこちらFreaks.iD記事より)- A Self-Driving Dream Team Gets $530 Million From Sequoia, Amazon

自動運転車向け保険スタートアップ「Avinew」が500万ドルを調達

Image Credit: Avinew
自動運転車向け保険スタートアップ「Avinew」がシードラウンドで500万ドルを調達。同社が提供する保険は「テレマティクス保険」と言われ、ユーザーは自律走行車の走行状況データを提供する代わりに自動車保険料を割引することが特徴。『Global Market Insights』によると、今後5年間でUBIの商用利用は18%以上増加すると予測するという。- Avinew raises $5 million for car insurance that rewards you for using autonomous safety features

電動スクーターサービス「Grin」がブラジル拠点の競合「Yellow」と合併

Image Credit:Grin
電動スクーターサービス「Grin」がブラジルの競合「Yellow」と合併。Grinは著名アクセレータ「Y Combinator」のプログラムを卒業。一方、Yellowはブラジルを拠点に電動スクーターシェアリングサービスを展開。合併後リブランディングされ「Grow Mobility」と名称変更される。13.5万台のスクーターを稼動するプラットフォームへと成長する- Electric scooter startup Grin merges with Brazil-based Yellow

光ファイバー通信を活用したLiDARを開発する「Baraja」が3,200万ドルを調達

Image Credit: Baraja
光ファイバー通信を活用した自動運転車向けLiDARを開発する「Baraja」シリーズAラウンドで3,200万ドルを調達。光ファイバー通信の原理を応用し、従来は高価だったセンシング技術を低価格で提供することを可能にした。ハイウェイの移動速度であっても200メートル先の暗い物体までをも認識することができる。現在シドニー、サンフランシスコ、上海でサービスを展開している。- Baraja Closes $32M Series A Funding Round

AIを活用した自動車ロードサービス「Urgent.ly」が2,100万ドルを調達

Image Credit: Urgent.ly
AIを活用した自動車ロードサービス「Urgent.ly」がシリーズBラウンドで2,100万ドルを調達。路上で発生した急な自動車トラブルにAIを活用して対応する。たとえば事故が発生した際、AIで最寄りの自動車修理プロバイダーをマッチングさせる。従来比で50%ほど事故対応の時間コストの削減に成功したという。現在全米で205万人を超える利用者がいる。-Urgent.ly reels in $21 mln Series B