Category - Freelance/Gig Economy

ブルーワーカー向けの求人サイト「Jobcase」が1億ドルを調達

Image Credit: Jobcase ブルーワーカー向けの求人サイト「 Jobcase 」が1億ドルを調達。4年生大学の学位を取得していない米国人口70%を対象にした「ブルーワーカー向けLinkedIn」。同社は1求人に対して229ドルから掲載可能で、10求人を1か月588ドルで掲載も可能。登録ユーザーは1億を超え、毎月2,500万アクティブユーザーを有する。今後は地域特化の求人を強化するという。- Jobcase raises...

フリーランス向けバンキングサービス「Oxygen」が230万ドルを調達

Image Credit: Oxygen フリーランス向けバンキングサービス「 Oxygen 」が230万ドルを調達。フリーランサーが発行する請求書をAIが分析することによって収入を予測し、手数料なしのバンキングサービスと無利子の貸付を行う。現在米国ではフリーランスが労働力の34%を占めており、過去数カ月間で累計13,000以上の銀行口座が開設されたという。- Oxygen gets $2.3m funding for digital...

シフト管理サービス「Shyft Technologies」が650万ドルを調達

Image Credit: Shyft Technologies シフト管理サービス「 Shyft Technologies 」がシリーズAラウンドで650万ドルを調達。直感的な操作で従業員のスジューリング調整とタスク管理などが可能になるサービスを提供しており、従業員はアプリを用いてシフト調整を行う。また必要に応じてアプリ上でチャットが可能になりコミュニケーション機能も有する。すでに1,000の施設で利用されいている。- Shyft...

Uberが人材派遣サービスを試験運用

Uberが人材派遣サービスを試験運用。警備員やイベントスタッフなどの人材派遣サービス「Uber Works」をロサンゼルスとシカゴで試験運用している。今回の取り組みは、来年後半のIPOに向けての収益多角化の一環とみられる。- Uber is testing an on-demand staffing service

高齢者と若者のマッチングサービス「Papa」が240万ドルを調達

Image Credit: Papa 高齢者と若者のマッチングサービス「 Papa 」が240万ドルを調達。同社は著名アクセレータ「Y Combinator」のプログラムを卒業している。若者(以後、ケアギバー)は高齢者宅の家事手伝いをしたり、SNSの使い方を教えたりする。600人のケアギバーが月間平均25時間働いているという。一時間あたり20ドルを支払い、そのうち12ドルがケアギバーに払われる。- YC-grad Papa...

フリーランス向け仕事検索アプリ「Steady」が900万ドルを調達

Image Credit: Steady フリーランス向け仕事検索アプリ「 Steady 」がシリーズAラウンドで900万ドルを調達。ユーザーはスキル/関心/収入目標に見合った仕事を探すことができる。金融商品の提供を通じて長期的に安定した収益サポートをする。今回調達した資金でアプリ機能の拡充をはかる。- Steady Raises $9M in Series A Funding; Shaquille O’Neal Joins as...

居住履歴がなくとも銀行口座を開設できるアプリ「Monese」が6,000万ドルの資金調達

Image Credit: Monese 居住履歴がなくとも銀行口座を開設できるアプリ「 Monese 」が6,000万ドルをシリーズBラウンドで調達。イギリスを拠点とし、同国での居住履歴がなくてもポンド銀行口座とデイビットカードを利用することができる。ヨーロッパ圏は移民や国外移動する人が多く、こうした移動頻度の高い人をターゲット顧客とする(詳細記事は こちら...

ビデオ電話会議ツール「Zoom」がフリーランスと企業のマッチングにブロックチェーンを活用へ

Image Credit: Zoom ビデオ電話会議ツール「 Zoom 」がフリーランスと企業プロジェクトのマッチングにブロックチェーンを活用へ。同社は雇用主が設立する“バーチャル企業”とフリーランサーをマッチングさせる仕組み確立を目指す。バーチャル企業とのやり取りは全てブロックチェーンベースでおこなわれる。報酬支払いや、プロジェクト締め切りデータ、契約関係の取り決めを安全に執り仕切る想定だ。- Zoom is using...