Category - Sharing/SecondHand

中国の中古車販売プラットフォーム「Chehaoduo Group」がSoftbank Vision Fundから15億ドルを調達

Image Credit: Guazi 中国の中古車販売プラットフォーム「 Chehaoduo Group 」がSoftbank Vision Fundから15億ドルを調達。中国大手の 中古 自動車オンライン販売企業「 Guazi 」の親会社であり、今回の資金調達の使い道として実店舗(約600店舗数)の展開を想定して いるという。同社サービスの特徴は ビッグデータ分析とAIを組み合わせた中古車価格設定メカニズムにある。...

農地レンタルサービス「Tillable」が825万ドルを調達

Image Credit: Tillable 農地賃貸サービス「 Tillable 」がシリーズAラウンドで825万ドルを調達。地主と農家をマッチングするプラットフォームを提供する。土地の状態を把握した上で価格、作付面積、土壌の種類、ロケーションで土地のスクリーニング検索ができる。収益源は取引された土地価格の手数料2%。Tillableのターゲットである農地貸し付け市場は320億ドル規模。- Online Marketplace...

オンラインショップの実店舗出店を支援するサービス「Showfields」が900万ドルを調達

Image Credit: Showfields オンラインショップの実店舗出店を支援するサービス「 Showfields 」が900万ドルを調達。ニューヨークで14,000平方フィートの店舗を保有し、ECブランド向けにフロアを実店舗として提供するサービスを提供する。同社は月額ブース利用料金を収入源とし、百貨店のように商品売上から収益を得ていない。現在マットレスを販売する「 Boll&Branch...

配車アプリ「Lyft」が2019年3月に上場を予定

Image Credit: Lyft

配車アプリ「Lyft」が2019年3月に上場を予定。大手配車アプリUberの競合として米国市場展開をする同社は、現在35%の(米国市場)シェアを誇る。競合である「 Uber 」は評価額1,000億ドルである一方で「Lyft」は150億ドルだという。- Lyft reportedly plans to debut on Nasdaq next month

Airbnb、住宅建設市場へついに参入

Airbnb、住宅建設市場へついに参入。自社民泊 サービス上で500万以上の家屋や施設のネットワークを持つAirbnbが新サービスとして都市計画および建設事業を開始。設計から組み立てまでを行う本事業は「Backyard」と呼ばれ、プロトタイプは2019年に公開される。 -   Exclusive: Airbnb will start offering houses in 2019

洋服レンタルサービス「Dailylook」が800万ドルを調達

Image Credit: Dailylook 服のデリバリーサービス「 Dailylook 」がシリーズAラウンドで800万ドルを調達。ユーザーは体型・値段感・好みの服のスタイルなどの基本情報を入力するだけで専属スタイリストが選定した洋服をレンタルする。毎月最大12着の服が届けられる。基本料金はスタイリングフィー40ドル。もし好きなアイテムを1つでも購入すれば利用料金は免除される。1アイテム当たりの値段は75ドル以上のもの。...

AI車両管理プラットホーム「Avrios」が1,400万ドルを調達

Image Credit: Avrios AI車両管理プラットホーム「 Avrios 」が1,400万ドルを調達。現在、7万台ほどの車両を運用する700あまりの企業に採用されている。、機械学習を通じて顧客に合わせた最適な車両を提供する。ダッシュボードを通じてリース車の発注管理から燃料補充、運転免許証のバックグラウンドチェックまでおこなえる。 - Avrios has quietly raised $14M for an AI...

ドイツ発、MaaSプラットフォーム「Wunder Mobility」が3,000万ドルを調達

Image Credit: Wunder Mobility ドイツ発、MaaSプラットフォーム「 Wunder Mobility 」がシリーズBラウンドで3,000万ドルを調達。配車相乗りサービスや、シャトルバス予約、電動バイクのレンタル事業など幅広く手がける。フランスやスペイン、ブラジル、インド、フィリピンで事業展開する。今後、海外での法人営業に力を入れてクライアント獲得を目指す。- German mobility startup...