今週の海外調達 39社まとめ:メッセージから従業員の感情を分析するHRプラットフォーム「VALUED」 が170万ドルを調達ほか #Freaks.iD

今週の注目サービス:メッセージから従業員の感情を分析するHRプラットフォーム「VALUED」 が170万ドルを調達

ニュースサマリー:メッセージから従業員の感情を分析する「Valued」 がシードラウンドで170万ドルを調達。ビジネスチャットツールSlackと連携し、Slack内のコマンドを利用した勤怠管理から職場環境に対する匿名サーベイの実施までを行う。回答結果や従業員のメッセージ上の感情の分析ができる点がサービスの特徴。最大100ユーザーが利用できるスタータープランは月額200ドルから。- Valued rakes in $1.7 mln seed

ホラクラシーで素早い意思決定を実践ーー若手CxO”イマドキの”経営術・scouty CTO 伊藤氏

 

前回からの続き。同世代を駆け抜ける若きCxOたちが今、何を想って経営に取り組むのか。本稿では主に20代を中心に今、国内で伸び盛りのスタートアップ経営陣に目を向け、経営手法や悩み、そのスタイルを切り取ってお伝えします。初回のdely共同創業者、執行役員CTOの大竹雅登氏からバトンを受け取ったのはscouty取締役CTOの伊藤勝梧氏です。(太字の質問は全て筆者。回答は伊藤氏)

dely創業4年で変わる役割「CTOを譲る決断」そのワケーー若手CxO”イマドキの”経営術・CTO、大竹雅登氏

スタートアップと年齢の関係はよく話題になります。例えば今をときめくテック巨人のGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)は全て創業者が若かったことでも有名です。サービス開始と法人設立時はやや前後しますが、スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏、マークザッカーバーグ氏はほぼ20歳で創業。20代中盤なのがラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン両氏で、最もおっさんになるジェフ・ベゾス氏ですら20代最後、30歳前後でスタートアップしています。

Amazon、ラストワンマイル配達車「Scout」の試験導入開始

Amazon、ラストワンマイル配達車「Scout」の試験導入開始。現在ワシントンのスノホミッシュ郡の近隣で配達テストを行なっている。同電動配達車「Amazon Scout」は歩行者と同じ速度で移動し、歩道を利用する人やペットを効率的に避け、安全に運転することができるという。- Amazon Deploys Autonomous Delivery Vehicles on WA County’s Sidewalks

ピンボード写真共有アプリ「Pinterest」がIPO準備のために主要役員を採用

ピンボード写真共有ウェブサイト「Pinterest」がIPO準備のために主要役員を採用。2019年4月の新規上場を予定していると報じられた。売上は2018年度7億ドルを超えると見込まれている。-  Pinterest is talking to bankers and has hired a key exec as it readies itself for a 2019 IPO

ロボット制御システムを開発する「Tomahawk Robotics」が240万ドルを調達

Image Credit: Tomahawk Robotics
ロボット制御システムを開発する「Tomahawk Robotics」がシードラウンドで240万ドルを調達。ロボットやIoT、ドローンに代表されるハードウェアに新しい動作を加えることができる制御システム「Kinesis」を開発する。Kinesisはハードウェアの動作環境やパフォーマンスをクラウド上で学習し常に精度を上げ続ける。- Tomahawk Robotics Raises $2.4 Million in Seed Funding Led by Mosley Venture Partners

エンジェルに直接聞ける「Ask the Angel」12月10日開催ーー堀井氏、大湯氏、金氏ら登壇【Freaks.iD】参加者募集(限定20名)

この度、Freaks.iDでは、若手エンジェル投資家をゲストに多くの起業家同士で行う勉強会・交流会を開催します!売却の適正価格は?契約書のチェック項目は?エンジェル投資家にクローズドで聞ける完全オフレコのミートアップです。(秘密厳守)※誠に勝手ながら定員を上回る応募があった場合、抽選とさせていただきます。