オーナーシップモデル住宅購入サービス「Unmortgage」が1,000万ユーロを調達

Image Credit: Unmortgage
オーナーシップモデル住宅購入サービス「Unmortgage」がシードラウンドで1,000万ユーロを調達。顧客は購入したい住宅価格の最低5%を支払う。残りの最大95%はUnmortgage側が支払う。その後、毎月数百ドルの料金をUnmortgage側へ支払うことで、顧客がオーナシップ権利を少しずつ買い取る仕組み。顧客とUnmortgageの両者がオーナシップを持つ形で住宅購入をするためローンの形ではない。転居する際は、自身のオーナシップ権利をUnmortgageに買い取ってもらえる。長期間の住宅ローンに入りたくない顧客層を狙うサービス。2019年1月にローンチ予定で、ロンドン郊外を対象とする。- This startup has raised a massive £10 million seed round to help people who can’t afford their dream house