Image Credit: Taranis
イスラエル発、農作物の異常検出技術を開発する「Taranis」が2,000万ドルを調達。高精度の画像技術を持つ撮影用ドローンを該当農地に飛ばし、航空動画を分析して農作物の病気リスクなどを把握する。ダッシュボードを通じて農作物の栽培に関するリスク事前予測および対処方法を提供する。今回のラウンドには住友商事も参加した(プレスリリースはこちら)。Taranis raises $20 million for AI-driven crop insights