国際為替送金アプリ「Paysend」がグローバル展開へ

Image Credit: Paysend
国際為替送金アプリ「Paysend」がグローバル展開へ。ユーロ、ポンド、米ドル、露ルーブル、カザフスタン通貨を含む125種に対応。仮想通貨にも利用できるようになった。1%の手数料で為替送金が可能。現在グローバルアカウントはβ版ではあるものの、EU圏内のユーザーは利用できるという。競合には手数料無料・最安値レートで為替をしてくれる「Revolt」が挙げられる。- Paysend announces global account to compete with Revolut

オーナーシップモデル住宅購入サービス「Unmortgage」が1,000万ユーロを調達

Image Credit: Unmortgage
オーナーシップモデル住宅購入サービス「Unmortgage」がシードラウンドで1,000万ユーロを調達。顧客は購入したい住宅価格の最低5%を支払う。残りの最大95%はUnmortgage側が支払う。その後、毎月数百ドルの料金をUnmortgage側へ支払うことで、顧客がオーナシップ権利を少しずつ買い取る仕組み。顧客とUnmortgageの両者がオーナシップを持つ形で住宅購入をするためローンの形ではない。転居する際は、自身のオーナシップ権利をUnmortgageに買い取ってもらえる。長期間の住宅ローンに入りたくない顧客層を狙うサービス。2019年1月にローンチ予定で、ロンドン郊外を対象とする。- This startup has raised a massive £10 million seed round to help people who can’t afford their dream house

スタートアップ向け、銀行口座開設/財務管理アプリ「Countingup」が2.3万ユーロを調達

Image Credit: Countingup
スタートアップ向け、銀行口座開設/財務管理アプリ「Countingup」がシードラウンドで2.3万ユーロを調達。利用企業はアプリを通じてたった5分で法人口座を開設できる。同口座を介した取引記録及び財務状況の管理が可能。法人用MasterCardも作成される。今後は領収書のスキャンや税務計算、請求書発行などの機能実装をおこなっていくという。- Countingup Raises £2.3M in Seed Funding

金融機関向けAPIを開発する「SynapseFI」が1,700万ドルを調達

Image Credit: SynapseFI
金融機関向けAPIを開発する「SynapseFI」がシリーズAラウンドで1,700万ドルを調達。決済・デポジット・カード発行などの機能実装ができるAPIを開発。月額8,000ドルで提供する。現在100を超える金融機関を顧客に抱え、累計100億ドルの総取引額を達成。エンドユーザー数は150万に上る。 – SynapseFI raises $17M to develop its fintech and banking platform

バーチャル通貨の換金プラットフォーム「AirTM」が700万ドルを調達

Image Credit: AirTM
バーチャル通貨の換金プラットフォーム「AirTM」が700万ドルを調達。ギフトカードや仮想通貨、電子カードに溜まったポイントを別サービス向けに換金する。たとえばギフトカードを現金やネットフリックス向けポイントに換金する。現在の月間流通額は900万ドル、4,000デイリーアクティブユーザーを有する。- AirTM raises $7 million to fight hyperinflation

フリーランス向け創業サポートアプリ「Shine」が930万ドルを調達

Image Credit: Shine
フリーランス向け創業サポートアプリ「Shine」がシリーズAラウンドで930万ドルを調達。ユーザーはアプリを通じて“マイクロ企業”を設立する。手軽なID登録で設立は完了し、デビットカード作成や税申告のリマインドなど創業時に伴う作業を一貫してサポートする。例えば利用者はShineを通じて開設した銀行口座を通じて手軽にオンデマンドサービスや企業からの下請けプロジェクトで稼げる。フランス国内で累計2.5万人が利用する。- Shine grabs $9.3 million to build a bank for freelancers

大学生向けクレジットカード発行アプリ「SlicePay」が1,500万ドルを調達

Image Credit: SlicePay
インド発、大学生向けクレジットカード発行アプリ「SlicePay」がシリーズAラウンドで1,500万ドルを調達。オンライン購買及び送金履歴を与信とし、バーチャル・クレジットカードを発行する。今回のラウンドは中国のレンディング企業「FinUp Finance Technology Group」が主導した。- Students-focused lending startup SlicePay secures about $15 Mn Series A round

居住履歴がなくとも銀行口座を開設できるアプリ「Monese」が6,000万ドルの資金調達

Image Credit: Monese
居住履歴がなくとも銀行口座を開設できるアプリ「Monese」が6,000万ドルをシリーズBラウンドで調達。イギリスを拠点とし、同国での居住履歴がなくてもポンド銀行口座とデイビットカードを利用することができる。ヨーロッパ圏は移民や国外移動する人が多く、こうした移動頻度の高い人をターゲット顧客とする(詳細記事はこちら)。銀行口座開設は2分ほどででき、その手軽さから現在60万人がアカウントを開設。- European banking app Monese scores $60M Series B led by Kinnevik