周囲の騒音を取り除くソフトウェア「AudioTelligence」が310万ドルを調達

Image Credit: AudioTelligence
周囲の騒音を取り除くソフトウェア「AudioTelligence」が310万ドルを調達。エアコンの音や人の会話音などを識別・削除して通話先の人にクリアな音を届ける。ソフトウェアは音声アシスタント機能や補聴器、増幅器などに活用される。- Audio Digital Solution AudioTelligence raised £3.1M

機械学習を用いてEC詐欺を事前予測する「Ravelin」が800万ユーロを調達

Image Credit: Ravelin
機械学習を用いてEC詐欺を事前予測する「Ravelin」がシリーズBラウンドで800万ユーロを調達。EC利用者のクレジットをスコアリングして詐欺師のリスクを数値化。リスクが高い場合、購入までの決済プロセスを長くしたり支払い拒否の施策を提示する。今後は組織犯罪にも対抗できるように事業拡大する予定だという。- Ravelin raises £8M Series B to use machine learning to fight e-commerce fraud

AIを用いたデジタル広告キャンペーンツール「Scibids」が220万ユーロを調達

Image Credit: Scibids
デジタル広告キャンペーンの入札をAIで自動化する「Scibids」がシリーズAラウンドで220万ユーロを調達。メディアが広告掲載をする際、AIを用いて予算内で最も費用対効果のあるキャンペーンへ自動入札する。直近18ヶ月ですでに11ヶ国に展開、40社と契約した。- Scibids raises 2.2 mln euros

携帯通信会社「T-Mobile」と通信機器プロバイダー「Ericsson」が5G回線に関して利用権パートナーシップを結ぶ

Image Credit: Ericsson
携帯通信会社「T-Mobile」と通信機器プロバイダー「Ericsson」が35億ドルのパートナーシップ契約を結ぶ。本契約を通じてT-Mobileは5G回線の利用権を獲得する。顧客は超高速かつ電力効率の良い通信サービスを享受できるようになる。-  Ericsson and T-Mobile ink $3.5 billion deal for 5G

WeWorkがオフィス管理システム「Teem」を1億ドルで買収したとの報道

Image Credit: Teem
WeWorkがオフィス管理システム「Teem」を1億ドルで買収と報じられる。Teemはミーティングルームの予約サービスを2,800社に提供する。顧客企業にAirbnbやSlack、Lyftなどが挙げられる。Teemは買収後も独自に事業運営を進めるが、開発するソフトウェアはWeWorkのサービスに統合される予定。- WeWork acquires Utah software startup Teem for a reported $100 million

Adobeがマーケティングソフトウェア会社「Marketo」と買収交渉か

Image Credit: Marketo
Adobeがマーケティングソフトウェア会社「Marketo」と買収交渉か。Marketoは法人向けクラウドマーケティングツールを開発。昨年度の売上は3.2億ドル、世界6,000社にサービスを提供する。今回の買収はAdobeの事業を補完させ、MicrosoftやOracleなどの競合に対応する戦略だと思われる。- Adobe in talks to buy marketing software firm Marketo

スタートアップ向けオンライン法律事務所「Atrium」が6,500万ドルを調達

Image Credit: Atrium
スタートアップ向けオンライン法律事務所「Atrium」が6,500万ドルを調達。本ラウンドは著名VC「Andreessem Horowitz」が主導した。同社はスタートアップに対して創業書類申請の自動化や、資金調達のアドバイス、専属弁護士サポートなどのサービスを提供する。 ゲームストリーミングサービス「Twitch」の創業者でY Combinatorのパートナーを務めたJustin Kan氏が創業。- Atrium raises $65M from A16z to replace lawyers with machine learning

法人向けビデオ会話ツール「Confrere」が150万ドルを調達

Image Credit: Confrere
法人向けビデオ会話ツール「Confrere」がシードラウンドで150万ドルを調達。同業他社「appear.in」の創業者が新たに立ち上げ、CEOを務める。アプリをダウンロードする必要がなく、URLを先方に送りブラウザーで会話する。他社SaaSとAPI連携が可能である点も特徴。クライアントを多く持つビジネス利用者は多くのミーティングをこなすため、いちいちアプリを立ち上げる必要があるという課題に着目。appear.inや同様のサービス「Zoom」ではカバーしきれていないUXを提供する。 – Confrere, the video calling service for professionals and clients, raises $1.5M seed

スタートアップ向け、銀行口座開設/財務管理アプリ「Countingup」が2.3万ユーロを調達

Image Credit: Countingup
スタートアップ向け、銀行口座開設/財務管理アプリ「Countingup」がシードラウンドで2.3万ユーロを調達。利用企業はアプリを通じてたった5分で法人口座を開設できる。同口座を介した取引記録及び財務状況の管理が可能。法人用MasterCardも作成される。今後は領収書のスキャンや税務計算、請求書発行などの機能実装をおこなっていくという。- Countingup Raises £2.3M in Seed Funding